婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

こじらせ女子の特徴とは?20人の女性に聞きました!

   

女性

あなたは、こじらせ女子の特徴はご存知ですか?
ひょっとしたらあなたがこじらせ女子かもしません。
こじらせ女子の特徴を知って、こじらせ女子にならない様に気を付けましょう。
今回は、20人の女性に「こじらせ女子の特徴」について聞きました。
参考にどうぞ。

■こじらせ女子の特徴

こじらせ女子の特徴を一言で表した言葉とその特徴について解説しましょう。

●エナジーバンパイア系かつ激情型

いろいろなタイプのこじらせ女子はあると思われますが、私の身近にいる「一人でで、メロドラマのヒロインとイケメン恋人役と、ライバルと味方を、自分に都合よく切り替えられる小悪魔的女子」をご紹介します。

特徴は3つです。
・極端な被害者妄想
・会話が一方的
・自分を抑えられない

【被害者妄想】
ちょっと大げさな感情表現をします。ちょっとしたことでも、自分の都合がよいように事実を捻じ曲げて受け取り、全ては「他人のせい、運命のせい、あなたのせい」。
そして、恋人が自分に不利に動くなら、ありとあらゆる手を使って引き止め、自分の掌の上から逃げられないようにじわじわと見えない鎖で縛っていく。
謙虚さがまるでないのが、まず特徴の一つです。

容姿は普通かそれなりに可愛いですし、女子力が高いし、頭も悪いわけではないのです。
普通にしていれば「いい人」で、よく気が付くと言われるような感じです。
何人かこじらせ女子を見ていますが、容姿の美醜では判断できませんね。

もし、合コンやパーティーなどで見分けるなら、よく見てほしいのは、その子がお酒に酔った時。また、付き合って日が浅い人は、ストレスでキレ気味の時などの不安定な時の様子です。そういう不安定な時こそ、本性が現れます。よく観察してみてください。
「酔っているから変になっているだけで、普段はかわいい子のはず」と期待せず、現実のありのままを見つめてください。

なんでも人のせいにします。
「自分は悪くないのに」「何にもしていないのにいじめる」「私は不幸」などが口癖です。
被害者的な口癖があったら要注意です。
例えば、そういう相手に客観的なアドバイスを言ったりすると、怒るか、泣くか、テンションが下がるかして、場がしらけます。
なぜなら100%自分のことを承認してくれる事を恋人や友達には期待しているからです。そもそもアドバイスは期待していません。

感情が激しく、八つ当たりをよくします。
人の好き嫌いが激しく、「敵」「味方」という価値観で人を選別します。
ひとたび「味方」(この場合は恋人や親友)と認識されると、昼夜関係なく電話やメール、ラインなどで一方的なメッセージを送ってきます。
「情緒不安定なの」といって、可愛そうで援助が必要な人を演じますが、実際に精神科や心療内科に通っていることは今までありませんでした。
夜中の2時に延々と電話をかけてきても、「今話しても大丈夫?」というような気づかいはありません。メールも返信が遅いと「友達じゃないの!」とキレたり、長文のメールを何通も送って来たりして怖いです。

【会話の特徴】
・会話が一方的で、キャッチボールができない
・自分の事しかしゃべらない
・相手の都合を考えない

彼女の話は半分以上が誰かの悪口や現状への不満です。
とにかく「満たされていない」ことに始終します。そしてそのことについて100%の共感を求めてきます。相手の都合は考えません。
基本的に自分の話ししかしませんので、相手と言葉のキャッチボールはできません。

このような特徴があったら、迷わず自然消滅を狙いましょう。
この手のタイプは、ある種のエナジーバンパイアと言えます。まともに付き合えば付き合うほど、こちらが消耗していきます。
この人と合ったり、電話で話をしたりした後、体調がすぐれないとか、気分が思いとか、ぐったり疲れる事が続いたら、迷わず離れる事をお勧めします。

【自分を抑えられない】
自分だけ特別、自分だけ許されるという意識です。ものによっては「悪いとは思うけど、どうしてもやってしまう」と本人は言っています。
一度捕まえた「獲物」に対しては、非常に執着します。
愛ではなく、「管理」という感じですね。相手のスマホなどを勝手に見たりするのはあたりまえ。
でも、自分のスマホをのぞき見されると激怒します。平等さや公平さに欠けるのも注目点です。私はいいけどあなたはダメ。あなたの物は私の物、私の物は私の物。

恋愛はいろいろな形があってもいいとは思いますが、ここに書いた傾向のある人ともし、お付き合いすることに決めたとしたら、気をしっかり持って命のある限り頑張ってもらいたいと思います。
この子を変えてやるんだ!などとは夢にも思わないように・・・蛇足ですが、頑固さも特徴の一つですから。

●小悪魔(笑)勘違い女

私の知り合いのこじらせ女子の特徴を紹介します。
同じく独身な私とよく合コンに行く仲間でもあったのですが…。
私がいいなと思う人がいればその人を誘惑?し、その結果を自慢してくるのです。
●●さんから誘われちゃったぁ~、●●さんって(私)好きなんでしょ…?
私が可愛いばかりに(そういったニュアンス)ごめんね、など言ってくるものの、実際は彼女の空想なのです。
後日、話に出てきた男性に会ったときに○子といい感じなんですよね?と聞くと???といった反応をされ、何人の男をたぶらかしている風な小悪魔を演じているのですが全て嘘だと知り、その咄嗟に出てくる言葉に驚きを隠せませんでした。
最近は私も婚約が決まり、合コンへの参加はしなくなり、少しずつ彼女とは疎遠になってはいるのですが、彼女も私と同い年、アラサー間近。いつまでもそんな余裕をかましていられないのでは…と心配をする一方そんな彼女の言動を楽しみにして聞いている私も腹黒だと思います。

●ネガティヴでプライドが高い

プライドが高くて、人に愚痴ったりアドバイスを求めてきたりする割には人の言う事に一切耳を傾けない。
また思考や言動がネガティヴで、「どうせ私なんて」とか、「〇〇さんみたいに器用じゃないから私は無理」など他人と比較してすぐ悪い方に捉える。その割には何も努力しない。
以前会社の同僚でこじらせ女子がいましたが、その子は物凄く美人というわけではないけどかわいらしくスタイルも良い子でした。
同じ会社の上司の男性が気になると言っていたので初めは応援していたのですが、気軽に食事に誘えるようなチャンスがあって、誘うよう促しても、結局「やっぱり自分なんて相手にされるわけがない」「もし自分の事が好きじゃなかったら迷惑だし、今後仕事がやりづらくなる」と言って自分からは誘わず。
その時は仕方なく私や他の同僚が誘って6人で食事をする事になりましたが、その子と、気になっている上司の男性とを話しやすい席位置にしても、全然話そうとせず…
そのような事が数回続き、特にその子が自分からなにかを変えよう、行動を起こそうとする様子も見受けられなかったので、自分が傷つきたくないだけのようにしか思えず、私も周囲もあきれて相手にしなくなりました。

●めんどくさい女

恋愛をめんどくさく思っている女子こそこじらせ女子だと思います。
とにかく男性と付き合うのがめんどくさい、自分が女らしくするのがめんどくさい、メイクをしたり可愛らしい洋服を着るのがめんどくさい、ヘアスタイルも綺麗に仕上げるのがめんどくさい、といった感じで全てに置いてめんどくさくなっている女性こそ、こじらせ女子だと思います。
総合的にめんどくさがりな女子がこじらせ女子になりやすいのだと思います。
それからカッコイイ男性を見たり、自分の理想的な男性を見ても、「どうせ良い彼女さんか奥さんが居そうだな。」とか「どうせ私なんか女として見てくれるわけないな。」とか「私なんて生理的に受け付けてくれなさそうだな。」と心のどこかで思って、身が引ける思いをしてしまうんだと思います。
そんな感じでめんどくさいのと自分に自信が無いのと、メイクをしたり可愛い洋服を選んで着ようなんて思いが全くない人のこそが、こじらせ女子だと思います。

●SNSを利用した『恋してますアピール』がひどい

私の身の回りにいる『恋愛こじらせ女子』は、どの子もSNSの利用頻度が高いです。
フェイスブックで写真付きで『彼と××に行った』などのデートの報告くらいならまだ可愛いものです。
その程度ならこじらせていない人でもしますしね。
中には平気でキスプリを載せる人もいます。
ロックや制限が掛けられるとは言え、不特定多数の人が閲覧できる場所で良く載せられるなぁ、ともはや関心します。

それよりもさらに『こじらせてるな』という人をよく見かけるのがツイッターです。
合コンなどで出会いがあったこと、好きになっていく過程、告白、記念日、喧嘩などなど、あったこと全てをそのままつぶやく人もいます。
そんなに親しくない、会って話す機会のない人でも、今恋人ととういう状態でどういった心情なのか筒抜けです。

ただの文章ならまだしも、中にはポエムのようなものを書いている人もいますね。
本人達は夢中でただ自分の感じたことを書いているのでしょうが、正直少し冷めた目でみてしまいます。(高校生ならまだしも20代半ばという年齢のせいもあるのでしょうが・・・)
告白が上手く行ってテンションが上がって、や、逆に振られて自暴自棄になって、ならまだわかりますが、一から百まで全て書き連ねる人。
鎌ってちゃんなのかなんなのか、関係のない人にまで恋愛してますアピールする意図はなんなのでしょうか・・・

●悩み過ぎ・考え過ぎな女

こじらせ女子は、なんだかんだいって恋愛経験が多いように思います。
過去の経験が自分の素直な気持ちを邪魔して「悩み過ぎ」「考え過ぎ」になり、こじらせ女子になってしまうのではと思います。

例えば、誰かを振って他の男性とつき合うことになった場合、最初のうちは新しい恋愛にうきうきしているのですが、新しい彼氏になれてきた頃、振った相手のことがなんだか可哀想に思えてきたり、罪悪感を感じてしまったりすることがあり得るのだと思います。
そうなると当然新しい彼氏と前の彼氏を比べてしまい、結局新しい恋愛も楽しめなくなっているのではないでしょうか。

また、過去の実績が少なくないため、過去の「男の子」のサンプル数も当然多くなります。
もちろん男の子の全てを分かっている訳ではありませんが、「こういう男の子はこういう傾向があるぞ」や「こう言ってるけど本当はこうなんでしょ」といった不要で不確かな勘ぐりをすることもしばしばあります。
この独りよがりな悩みや考え方は相手を不必要に傷つけると同時に、相手の優しさや思いやりまでないがしろにしてしまうものだと思います。こじらせ女子はもっと頭を空っぽにして今を楽しむべきなのでは、と上記の失敗を重ねてきた今は強く感じます。以上、よろしければご参考ください。

●恋している自分に恋している自意識過剰

なぜかいつも恋で悩んでいる子がいます。
なぜか、というのは、「それは悩む必要がない」と思うようなことまでくよくよ悩んで私に打ち明けてくる。
はじめの頃は、結構真剣に話を聞いて相談にのっているつもりだったのが、だんだん、それ、違うんじゃないの?と、思うこと、多々。
たとえば、相手が年下だったら、年齢が離れているとくよくよ。自分から告白したくせに。
仕事が忙しいといえば、会えないとくよくよ。
他にはメールの返事が少ないとくよくよ。
送信も着信もその人のアドレスで埋め尽くされないと嫌なの!と言い張る。
当然、こじらせ女に男も耐えられることはないので、すったもんだした挙句、別れるのですが、気が付けば、あっという間に新しい彼を作っている。

あれほど、別れたら死ぬだの、あの人しかいないだのと泣いた癖に。

今度は不倫。
「不倫じゃないの。だって、私は結婚するつもりだから!」と言い張る。

間違いなく不倫です。何の申し開きもできないんじゃないかと言うと、また、泣いて、実らぬ恋に落ちた私に酔いはじめる。

その後、不倫相手の自宅を見張るとか、ストーカーのような行動にまで発展するわで、さすがに話も聞くのも嫌になって、疎遠にした。

そこでわかったことは、私以外の女友達にも軒並み相談して、自分の恋バナを語って泣いていたようなのだった。

本人は気づいているのかいないのか、こじらせが楽しいんだろうな・・と今では思います。

普通の恋愛では物足りない、こじらせて悲劇の主人公になって皆に相談するのが快感なのかもしれませんね。

いつでも恋愛をこじらせる女子はそんなもんじゃないのかな。

●男性をメインにしすぎる女性

個人的には恋愛を拗らせていると感じる女性は男性に気に入られるために我慢したり、自分を抑えている女性だと思います。
例えば男性に嫌われないために自分の時間をすり減らして男性の要求するままに会いに行ったりとか、本当は嫌なのに男性の浮気を我慢して許してしまうとかです。

男性に愛されるために自分のしたいことや思っていることと逆のことをしてしまうといった女性は、自分をメインではなく相手の男性をメインに恋愛を進めてしまい恋愛を楽しめないのではと思います。

拗らせるの意味が「物事をもつれさせ処理を難しくする。めんどうにする」なので恋愛を楽しめていない女性は恋愛をスムーズに進められていないわけで拗らせるの意味に沿っていると思います。
恋愛では女性に主体性がないと不幸な状況に陥りやすいので気を付けたいところです。
因みに恋愛をスムーズに楽しめている女性は端から見て特殊な場合でも拗らせるには入らないと個人的には思います。

●思いこみの激しい人

私は、占い師として数多くの女性の悩みや相談をうけてきました。
タロットカードと霊感を使った鑑定をしてきましたが、最近は電話鑑定もやるようになりました。
そのほとんどの女性が恋愛で自分をこじらせてしまっている人がほとんどでした。
自分で、自分のことを被害者だと思う、思いこみが激しい人が明らかに多いのです。
もっと、ポジティブになればうまくいくというような恋も、その女性が自ら種をまいてしまって、自分の思いこみによる不安からどんどん不安を拡大してしまって、
恋愛をこじらせてしまっている女性が多いんです。
でも占い師としては、あなたの思い込がすべて原因ですとは言えません。
なので、「ご自身の内側にいるもう1人の不安をもつ自分と折り合いをつける必要がありますね」と伝えています。
思いこみの激しい人は、自分で自分の墓穴を掘っているといっても過言ではありません。思いこみがはげしくて、交際相手が少しでも冷たくすると自分に対して気持ちがなくなったと思いこんでしまって、こじらせてしまうんです。

●他者依存型

恋愛をこじらせてしまう要因の最たる部分はその人の他者依存だと思います。
一見自意識過剰で、自信に満ち溢れているような、高慢な態度を取る女子が多いですが、結局それはただのわがままで、自分に自信がない証拠だと思います。
上手な恋愛をしている人は恋人と対等な関係を築いています。
こじらせ女子は、要するに恋人に甘え過ぎていて、最後には上手くいかなくなってしまうのだと思います。

私の友人に、美人で、自分でもそれをよくわかっていて利用している人がいます。
彼女は私の知る限り、学生時代から恋人が途切れたことがありません。
でもその代わり、長続きした相手もいません。
大抵は自分からフったと本人は言っていますが、相手に呆れられて関係が終わってしまうパターンがほとんどです。
彼女は多分それに気づいていません。
側から見たら彼女に原因があるのに、それに気づかない。これぞまさにこじらせ女子だと思います。

恋愛の導入に容姿の美しさはもちろん重要です。
実際彼女の美貌に騙された男性はたくさんいるわけですから。
でも、美人は3日で飽きるというのは、どうやら本当のようです。
容姿だけで恋人を惹きつけ続けるのはかなり難しいと思います。そして、容姿は刻一刻と衰えていきます。

私の友人は今30代前半。まだ美人の部類に入りますが、30代の美しさは造作よりも内面の美しさが反映されます。
実際、20代の頃は地味に見えた同級生が、充実した仕事を得て輝いて見えます。
私の友人にはそれがありません。
大学生の頃から真面目に就職活動もせず、年収の高い男と結婚するから仕事は腰掛けでいいと言っていました。

30代前半ならまだ需要が無いこともないようですが、友人は明らかに以前よりモテなくなりました。
高望みし過ぎて結婚適齢期を過ぎ、今は焦っているようです。
周囲にそれを悟られまいとしているようですが、長い付き合いの人間からするとバレバレです。

友人が今お付き合いしている人は商社勤めの5歳年上男性。
年収は1000万円くらい、と聞いてもいないのに教えてくれました。
でもおそらく少し見栄を張っていると思われるので、200万円くらいは水増ししているかもしれません。
彼とは付き合って半年ほど。
結婚してもいいけど年収が〜性格が〜とお決まりの文句を言っています。
私からすると、結婚したいならそろそろ心を入れ替えないと本当に売れ残ってしまうと思い、もっと若い頃は忠告したこともありましたが、最早諦めてむしろこじらせがひどくなっていくのを楽しむようになってしまいました。

給料のほとんどを美容代に使って、女磨きをしていると言う友人。
でも実家暮らしで家事もできず、貯金もおそらくしていません。

私も一応彼女を友人と言いますし、食事したり遊んだりしますが、彼女を取り巻く人々は年々減っているように感じます。
腐れ縁の私ですら鬱陶しく思えるときがあるので当たり前とは思いますが。
友人は不美人の私を平気で貶します。
私の付き合う男性のことももちろん貶します。でも私がそれを不快に思って連絡を断とうとすると、ご機嫌を取ろうと奮闘します。

こじらせ女子の彼女は、本当は自分に自信が無いのだと思います。
実家に依存し、私に依存し、彼氏に依存する。
一生自立なんてできないだろうなあと密かに思っています。

彼女の美貌があと何年保つのかわかりませんが、そう遠くないうちに誰かで妥協するか、致命的な失敗をして独身のまま40代に突入でしょう。
友人と結婚する男性は特殊な趣味でもない限り相当苦労すると思うので、彼女が独身でいた方が世の中平和かもしれないと思ってしまいます。

いつか何かのきっかけで自立できない限り、こじらせは歳を取ると共にひどくなり、きっと恋愛そのものができなくなるでしょう。
彼女を見ていると自分を客観視することの難しさに気づかされます。自分の世界の中だけで生きている。あまり幸せな人生ではなさそうです。

●尽した分の見返りを求める女

同僚に自分磨きもすごくしていて、エステや美容関係もすごく詳しい人がいます。
ネイルも会社でできる範囲の可愛いものをしています。
好きな人ができると、その好きな人の趣味に合わせて、それまでしたこともないダイビングを始め、ライセンスも取りました。
一緒に連れて行ってくださいと、ものすごいプッシュで相手との距離を縮めて仲間内のダイビング旅行なども同行していました。
そのうち目当ての人ともそれなりにうまくいっていると、嬉しそうに話してくれていました。
まだ付き合っていないのに脳内では既に彼氏です。
周りにも吹聴していました。
大丈夫かなと思ってみていました。
相手が同じ系列会社の人だったのですが、彼女が外堀を固めるように噂を広めてしまったため、あまりうちの支店に来ることがなくなりました。
自分は彼のためにこんなに尽くしているのに、最近冷たいと言い始めてしつこいメールなどを送っていたようです。
そのうちアドレスを変えられて振られたようです。
相手に合わせて尽くしている自分が好き、相手も同じくらい返してくれなきゃダメ、そんな彼女でしたから、男に同情する人も多かったです。
頑張っているのはわかるのですが、同じ温度を求めすぎるとうざがられる典型と、思います。
アドバイスしても聞かないというのもこじらせてしまう女の特徴だと思います。

●理想の高い妄想女子

普段は「私なんて…」や「どうせダメだから…」などネガティブ思考で自分に自信がない発言をするのに回りから「こうしたらいいんじゃないの?」とアドバイスや指摘をされる事をとても嫌がる人が多いと思います。
自分の中のこだわりが強くて他人の意見を聞き入れる素直さがないと感じる事がよくあります。

ですが理想の男性像を語り始めると男性に求める物が多くどれも譲れないみたいです。
ギャンブルはダメ、年収はいくら以上、身長、髪型、趣味など細かく理想を語ります。実際に男性と知り合う機会があっても自分からは行動する事はなくそこでまたネガティブ思考を発揮させます。
「私から好意を寄せられても困るだろうから…」など。と、思ったら想像力は豊かで妄想すると止まらないのも「こじらせ女子」の特徴の様な気もします。
「こんなシチュエーションで告白されたい」「こんなデートが理想」と妄想の中ではポジティブです。こじらせていない女子も自分が傷つく恋愛は嫌なはずですが「こじらせ女子」はとにかく自分を守りに入り傷つかないようにという考えが強い気がします。
本や漫画から取り入れた知識は豊富なので「男性とはこんなもの…」という先入観が強いのも「こじらせ女子」の特徴だとおもいます。

●メディアコピペ女子

私の知り合いの話です。

知り合いのMさんは暇さえあれば、スマホや雑誌で情報収集しています。
しかもただ読むだけではなく、雑誌などでいえば次の雑誌を買うまでに穴が開くほど読み込むのです。

お店の情報などに詳しいのは良いのですが、その中に書かれているコラムや口コミをあたかも自分で経験したことのように話します。

例えば、女子会をした時には雑誌・ドラマ・バラエティー番組・少女コミックから得た恋愛観をそのまま会話の中にコピペしてしまいます。

その場に居合わせるMさんの素性をあまり知らない人たちは「経験値すごいねー!」と言って聞いていて、MさんもMさんで「年の功だよー」と我が物顔で語るのです。

しかし私は幸か不幸か、Mさんの情報源によく遭遇してしまうのです。
そのため、彼女の口から語られる数々のエピソードに
「これあの漫画の主人公が言ってたセリフだ」
「昨日夕方のニュースでコメンテイターが言ってたな」
「立ち読みした雑誌のコラムそのままだ…」などと心の中でコピペチェックしてしまいます。

近い環境にいる人たちはそんなMさんに呆れ果てています。
当然のことながら友達や、ましてや彼氏などと呼べる人などいるはずもありません。
新たに知り合ってもすぐ逃げられるのです。

先日Mさんが「こじらせ女子ってこうじゃん?」とドラマの内容を雄弁にコピペしていましたが、
自分自身がこじらせているのに気付く日はいつになることやらと、ため息をつく今日この頃です。

●恋愛総受け女子

恋愛行動は、基本的に男性からアクションがあると思っています。
メールやラインは時間をおいて焦らし気味に返信、告白は返事しか想定していません。
デートはプランも食事もお任せで、少し気に入らないことがあると拗ねてみたり、文句を言ってみたり。
そういうのが女子の可愛さだと思っています。自分はせいぜい身綺麗にする程度の努力しか払っていません。

「恋愛誘い受け女子」ならば、それでも高スペックの彼氏が捕まります。
男性の心をうまくくすぐり上手に恋愛をリードしていけるからです。

ですが、恋愛総受け女子。例えば、理想は低めに設定してあるのに彼氏ができない、年収学歴問わないのに、容姿も並み以下でもいい、など言っている人がいますね。すべての条件に対して制限がなくても、恋愛ができないのは男性の努力不足だ、とか。
あるいは、自分には気付かない魅力があるからなど思っていませんか。鏡の前で考えてみてください。
あなたは可愛いですか。彼女にしたら楽しい日々が送れますか。自分でも惚れないような「自分」に対して、男性からしたら絶対恋愛フラグはたたないですよ。

じゃあ、「恋愛総受け女子」だと自覚した人が恋愛するには、どうすればいいか。
まず、「恋愛誘い受け女子」をお手本にするのはやめましょう。
あなたに小手先の技術は向いていません。どちらかというと「恋愛プレゼン女子」など、自分アピールが上手な人を研究してみてください。
今のあなたでは、男性は路傍の石ころ以下です。声をあげて、まずは存在に気づいてもらいましょう。

●妄想爆走女子

恋愛の実体験よりも少女漫画や恋愛小説で得た知識(疑似体験?)をもとに妄想を膨らませていってしまうことのことをこじらせ女子だととらえています。

恋愛経験が少ない、またはないため恋愛面において極端に自信がなく、しかしそれを周囲に悟られたくないというプライドが高い部分も持ち合わせているため、それらしい知識(少女漫画や恋愛小説からの知識)を必至に総動員して埋め合わせをしようと装っています。
たいていの場合、少女漫画のように恋愛に対して夢見がちですが、それまでの恋愛経験の乏しさから逆に恋愛の夢見がちな部分を極端に否定しあけすけになっている方も時々見かけます。
しかしそのあけすけさも恋愛に擦れてそうなってしまったというよりは自分への自信のなさに加えて耳年増であることがそういったかわいくない性格を悪化させているというか助長させているのかなと思います。

また、特に学生時代に恋愛環境に身をおけなかった人にこじらせ女子が多く見受けられると感じております。

●夜遊びアピールをしてしまう女

自分の男性とのお付き合い暦や、夜遊び経験などを人前で大声でぺらぺらしゃべってしまう女子は、正直引いてしまいます。
しかも「あいつ医者の癖に~」とか「あいつは金しか持ってない」とか、さりげなく自分が遊んだり、お付き合いした男性は、お金持ちとかキャリアのある人だ、という情報を入れてくるあたり「自分はそんな価値のある男性と夜遊びするくらいの環境で恋愛しているよ」と言わんばかりです。
そして共通の知り合いや、友達同士で飲んでいる最中に、酔っ払ってくるとその子は隣の席で飲んでいる男性を逆ナンパしてしまうんです。
もちろん、若くても中年男性でもお構いなしで、
結婚指輪までしているサラリーマンでもお構いなしに話しかけてしまい、誰が見てもわかるほどの色仕掛けをしてしまうんです。
一緒に飲んでいる私たちは、いつもそれを止める役なのですが、正直もう一緒に飲みに行きたくありませんし、今後は自分の恋人や、結婚しても旦那を紹介したくありません。

●恋愛に関してマイナス思考

恋愛事から何年も離れていたり、むしろ経験があまりないままいい年齢まで来ている場合、どうやって恋をするのか、そして恋をした場合どのようにアプローチしていくのか分からなくなっていたりする。
相手の行動に対して、頭の中では一喜一憂妄想劇を繰り広げるが、現実世界では結局勇何もせずに終わってしまう。
恋愛事は、基本的にマイナスに捉える癖があり。もしも相手が何かアプローチしてきていても、それがアプローチだと気付けない。
例えば相手が自分に好意があって近づいて話しかけてきた場合、自分は好きな人に対して近づいたり大胆なことができないので、こんなに近くで話しかけられるなんてこの人は私を好きではないのだと思ってしまう。
また、離れた場所に移動した場合この人は私のことが嫌いだから私に近づかないんだわと被害妄想を展開する。とんでもなく面倒くさい思考をしているが、それは舞い上がった自分が後で傷つかないようにする防衛反応。
こじらせ女子はとても臆病。

●ネガティブで人の中に入ってこようとしない

私の周りで彼氏がいない人の特徴はとにかく、「ネガティブ」暗い印象です。話していても、「私はいいように思われてないから、、、」とか「かわいくないから、、、」とかマイナスな言葉を口にする人が多いように感じます。
話を聞きながら「誰もそんな風に思ってたりしないのになあ」と思うこともしばしば。
そして、とりあえずみんなで楽しく話しているのに突然暗い話をしだす。
また、みんなで楽しく最近のはやりものとか入りやすいしゃべりやすい話題の時に軽く付き合い程度に入ってくればいいのにそういうことにはあまり参加しようとしない傾向があるように思います。

職場など表面だけの付き合いかもしれませんが、少し共通の話題の時はほかの人と重なる努力をするとかすれば付き合いの幅も広がるのにもったいないなあと思います。
会話を振るなど促してみたりもしてみましたがあまりいいように思ってはもらえませんでした。無理に話さなくても相槌を打つなど周りに合わす努力をしたら人間関係がもっと円滑に回るんじゃないかなあと他人事ながら思ってみたり。
でも、なかなかその壁は厚いようです。

●イケメン好きのゆめみるこちゃん

30代も半ばを過ぎているのに、少女漫画のようにどこかで突然一目ぼれされたり、本屋さんで偶然同じ本を買おうと手に取ったりなどと運命的なことがおこり、白馬の王子様が自分にやってくると本気で思っている女性。
それので、周りが婚活でさわいだり合コンなど必死になっているのに、自分はあわてなくてもまだまだ大丈夫と思っており、その時がきてないだけと思い込んでいる。そのため、自分からはまったく動こうともしないし、周りに欲しいという切実そうなアピールはしないので、周りも彼女は恋愛や結婚をあきらめているいるのだなという風にしかうつらないため、男性は近寄りがたいし、女性同士でも男性を紹介しずらい。
また、そういう人に限って、好きになったらなったでその相手は、自分とは全然タイプの違うイケメンだったりしてしまうからやっかいである。
相手も全く違うタイプのため、お近づきになってもその女性のことは、よくて単なる友達にまでしか思われない。
それにも関わらず、自分を変えて相手の好きなタイプに変身するようなことはしない。そのため、恋愛は成就せず、良い友達ばかりが増えていく。
そしてまた懲りずに、イケメンを好きになったりまったりしているので、まったく成就せず、時間ばかりがすぎてしまう。

●男子評論家

合コンや、お食事、デートなどことあるごとに男性を評価する女性です。
具体的に挙げると、職業・年収、ビジュアル、ファッション、気前の良さ、トーク術の大きく5つの項目を5段階で男性を評価し、SNSに投稿しまくる女性で、辛口評価を売りにしてその都度辛辣な評価とコメントとでさながらテレビの辛口コメンテーターのような記事を書いている方がいます。
「私に割り勘しようだなんて失礼だ!」「お勘定の仕方がスマートじゃない!」「靴が汚くて恥ずかしい!」「あんな恰好では私と釣り合わない!」「顔はいいけど、トークはいまいち!もっと私を楽しませてよね!」などと面白おかしく、いろいろな男性の評価をアップされているのですが、書けば書くほどに、周りの人も「じゃあそんなご立派な貴女はどんなご立派な男性とお付き合い、結婚するの?」とどんどんハードルを上げてその人を見るようになり、結局本命の男性とはきちんとお付き合いをしていないようです。
それでも「私に釣り合う男がいないの!」と見栄を張り続けてアラフォーに突入した彼女は、こじらせ女子の代表かもしれません。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
今回は「こじらせ女子の特徴」について20人の女性にお話を伺いました。
ひょっとしたらあなたもドキッとすることはありませんでしたか?
またあなたの周りにもこじらせ女子、こじらせ女子予備軍がいたりしませんか?
是非、こじらせ女子の特徴を知ってこじらせない様にしましょうね。
おしまい。

 - 婚活コラム ,