婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

恋愛を諦めた?恋愛が続かない4つの理由

   

女性

■恋愛が続かないのは、「諦めモード」に入っているせいかも?

若い頃はもっと楽しく恋愛できたのに、最近は長続きしない恋ばかり!とうんざりしているそこのあなた。
恋が早々と終わってしまうのは、相手の人柄や、二人の相性のせいではなくて、あなた自身の恋愛への意気込みに問題があるかもしれません。

あなたは、既に恋愛に疲れて、投げやりになってしまっていませんか?
または、恋愛以外の生活の方が大切で、相手と温度差が生じてしまっていたりしないでしょうか。

今回は、そんなケースを例に挙げ、恋愛が長続きしなくなる理由についてお話しします。

●男性不信に陥っていませんか?

女性

ある程度の年齢になると、大失恋や、悪い男に騙されたりなどの経験をしている人も、きっと多いと思います。
そんな悲しい思い出のせいで、恋愛に対してのマイナスイメージの方が強くなってしまい、せっかくお付き合いすることになった彼氏のことも信用できなくなっているのではないでしょうか。

少しでも相手の行動に不透明な部分があったらすぐに浮気を疑ったり、自分に向けられた思いやりの裏を読み取ろうとする癖がついてしまっていると、恋愛はうまく行かなくなってしまって当然です。
お相手の男性の方も、常に疑いの目を向けられていると感じたら、あなたとの交際自体に嫌気がさしてしまうことでしょう。

ですがそれでは、いつまで経っても信頼し合い、長く一緒にいられる男性を見つけることはできません。

一度男性に不信感を覚えてしまうと、その後の恋愛がスムーズに行かなくなるのは仕方のないこと。
ですが、世の中には悪い男性もいれば、良い男性もいます。
すべての男性が悪い奴だと思うのはやめて、これからご縁がある男性のことを、心の奥底から信じてみてはいかがでしょうか。

「騙されても良い経験」くらいに構えて、恋愛に臆病にならずに飛び込む勇気も、恋を長続きさせるコツの一つです。

●一人でいる方が楽しくなっていませんか?

女性

一人でいることに慣れてしまうと、恋人ができても、楽しさよりも窮屈さの方が勝ってしまう心理に陥りやすいです。

確かに、プライベートの時間を全て自分一人のために使える環境は、何物にも代えがたい魅力がありますよね。
ですが、その「一人」の状態が当たり前になってしまうと、本当なら楽しいはずの恋人との時間も、一変して無駄な時間を費やしているように感じてしまうものです。

そう思ってしまったら最後、一人の将来に不安を感じて恋人を作ったはいいけれど、結局一人の方が良くて別れてしまった……というのを繰り返すことになりかねません。

このまま、死ぬまで一人のままでいる覚悟があるのなら、無理に異性と付き合う必要はありませんが、いずれは誰かと生涯を共にしたいと思っているのなら、二人でいる不自由さにも慣れるべきです。

確かに、二人よりも一人の方が身軽ですが、二人でお互いを思い合うことは、一人でいるよりも遥かに価値あるものです
付き合いたてのうちは、一人の時間が恋しくなるかもしれませんが、それを乗り越えれば、彼がいるのが当たり前になって、恋人の存在が邪魔だなんて思わなくなるはずです。

せっかく得たご縁ですから、簡単に手放したりせずに、少しくらいのことは我慢できるようになる努力をしてみましょう。

●相手の目を気にすることに疲れ果てていない?

男性

恋人ができて、デートを繰り返すということは、多少なりとも身なりや仕草に気を付けなければいけなくなるもの。
また、些細な言動や行動からも人間性が出てしまうため、細かいところにまで注意を払う必要も出てきます。

ですが、この「相手の目」を気にしすぎるあまりに、自然体の自分を忘れて、身動きが取れなくなっていませんか?
相手に好まれるように、嫌われないようにということにばかり意識を向けていると、いつしかその恋愛に疲れてしまい、投げ出したくなってしまうこともあるでしょう。

そして、結果的に「もう恋愛なんてしたくない!」と、諦めの気持ちが生まれてしまい、自ら恋を投げ出すことになってしまうのです。

このように、無理しすぎて恋愛に向き合う体力が尽きてしまい、自然体の自分を見せる前に恋を終わらせてしまうことは、大人の恋にありがちなパターンです。

大人になると、若かりし頃の恋愛とは異なり、自分を取り繕うことが当たり前になってしまって、本当の自分を相手に見せることが怖くなってしまいがち。

こんな理由で恋が長続きしない人は、一度肩の力を抜いて、自然な自分を隠さずに付き合える相手を探してみて下さい。
ときめきや激しい恋愛感情には欠けるかもしれませんが、無理せず穏やかな恋愛ができる相手なら、きっと疲れることなく恋愛を継続することができるでしょう。

●恋愛のタイミングを掴めなくなっているのかも

女性

しばらく恋をお休みしていた人にありがちなケースですが、彼氏ができること自体が久しぶりすぎて、どこから恋を始めていいかわからなくなっているために、愛が深まる前に関係を終了させてしまうことも、よくあることです。

なんだか会話が噛み合わなかったり、先を急ぎすぎたり、逆に相手が望むペースについて行けなかったり。
こんなことの繰り返しで、いつの間にか二人がギクシャクしてしまうのは、あなたが恋愛の正しいリズムを忘れてしまって、上手にタイミングを掴めなくなってしまっているのかもしれません。

どんな人でも、「久しぶりの恋!」とか、「これを逃したら、もうチャンスは無いかも!」と思ってしまうと、及び腰になってしまったり、逆に勇み足になってしまうはずです。
ですが、恋愛は二人でするものですから、相手のペースに合わせられなければ、うまく行くはずがありません。

例え久しぶりの恋愛なのだとしても、肩の力を入れっぱなしではいけません。
「これが最後の恋」と思わずに、少し気持ちを軽く持って、楽しく付き合うことを目標にしてみてはいかがでしょうか。

■さいごに

いかがでしたでしょうか。

恋愛が長続きしない理由として考えられるものを、4つご紹介しました。

ここでご紹介した例に共通するのは、恋愛に対して諦めの心が生じて期待が持てなかったり、恋愛の楽しさを忘れて「苦行」でしかなくなってしまっているということ。

ですが、その人の年齢がいくつであれ、恋愛は楽しさと希望に満ち溢れたものであるべきです。

昔に比べて恋愛が続かなくなってしまったとお悩みのあなたは、一度自分の昔の恋を振り返って、恋の楽しさを思い出してみて下さいね。

 - 婚活がうまくいかない理由, 婚活コラム , , ,