婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

30代女性は結婚の適齢期をどの様に考えるべきか?

   

結婚

■結婚適齢期は何歳?

結婚に適した年齢の時期、略して結婚適齢期。
これは、いくつが妥当だと思いますか?

ひと昔前は、30歳を過ぎたらもう結婚適齢期ではないという意見もありました。
その考えは、現在でも変わらないのでしょうか。
30歳を超えた人は、もう結婚適齢期を過ぎているから自分は売れ残りだと思って小さくなっているしかないのでしょうか。

それが結婚適齢期の実態なら、30代女性にとってはちょっとキツイものがありますよね。

今回は、30代女性が考えるべき、結婚適齢期についてお話しします。

●周囲が結婚し始めた時期が結婚適齢期ではない!

会話

よく、24歳や29歳になると、結婚ラッシュが起こると言われています。
ですが、この波に乗って、自分も乗り遅れまいと相手を見つけて早々と結婚するのは頂けません。

結婚は、自分の人生の節目の一つであって、周囲の風潮に影響されるものではないからです。
妊娠や出産など、結婚の先にある予定を見据えているわけでもなく、「この年齢で結婚しなければ恥ずかしいから」という理由で結婚するのは、おかしな話ですよね。

この結婚ラッシュが起こる時期を結婚適齢期と捉える人がいますが、それは間違い。
たまたま、周囲で結婚する人が多かっただけのことで、あなたもそのタイミングで結婚するべきだったと後悔しないようにしましょう。

●妊娠、出産を考えるなら、30代前半には結婚しておきたい

結婚がうまくいかない理由

結婚はいくつになってもできますが、妊娠や出産にはリミットがあります。
一般的には、35歳を過ぎると妊娠できる確率がグッと下がると言われており、不妊外来などでも、35歳を最初の節目として考えるところが多いようです。

また、胎児の異常を調べる新型出生前診断は、現在の決まりでは出産予定日時点で35歳以上の妊婦さんしか受けられません。
つまり、この年齢以上は胎児に異常が生じやすいということですから、逆に考えると、妊娠、出産はこれよりも早い方が問題が少ないということになります。

これらの理由から、一人でも子供を持ちたいと思うのなら、結婚は30代前半のうちにしておいた方が良いと考えられますね。

●結婚したいと思った時が結婚適齢期

結婚

しかしながら、全ての女性が子供を望むわけではありませんし、望んでも諦めなければいけない理由がある人もいます。

子供のことを考えれば結婚適齢期は30代前半までと話しましたが、それを考えなければ、結婚適齢期の幅はもっと広がります。

簡単に言ってしまえば、「結婚したいと思った時が結婚適齢期」、これに尽きます。
この結婚適齢期は、自分で「結婚はもういいや」と思うその瞬間まで続きます。
つまり、結婚適齢期は、自分の心次第で、いくらでも変動するということです。

結婚は、いくつになってもする権利があるのです。
だから、もう若くないからと、結婚したい気持ちを捨てる必要はありません。

■さいごに

いかがでしたか。
結婚適齢期は、妊娠出産のことを考えるのか、純粋に結婚だけが目的なのかで変わります。
もちろん子供が欲しい女性の方が圧倒的に多いと思いますが、子供がいなければ楽しい結婚生活を送れないというわけでもありません。

現時点で既に30歳を超えていても、まだまだ結婚への意欲が失われていないのなら、あなたは今も結婚適齢期を継続中です。

これからも誰かと結婚したいと思い続けるうちは、結婚を諦める必要はありません。
運命の人とめぐり逢える日を楽しみに、婚活を続けましょう。

 - 婚活コラム , , ,