婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

だから結婚できない!婚活で30代アラサー女性の高望み3選

   

男性

あなたは婚活する時にどの様な条件を男性に求めますか?
年収?容姿?学歴?条件を求めすぎてはいないでしょうか?
実は、あなたの高望みが結婚ができない理由になっているかもしれませんよ。
20代ならいざ知らず、30代女性はもう少し現実を見ましょう。
高望みのハードルについてお話を進めましょう。

■知らないうちに、高望みしていない?

婚活において、「条件」は最重要項目と言っても過言ではないくらい、大切なものです。
ですが、自分のスペックを顧みず、あれもこれもと条件を付けすぎると、「高望みで身の程知らずな女性」と思われて、婚活がうまく行かなくなる原因となります。

特に、アラサー女性の場合は、もっと若い世代の女性たちよりも条件を緩めておかなければ、男性陣には確実に厳しい目で見られることでしょう。

今回は、アラサー女性に見られる、「高望みしている」と思われがちな条件をいくつかご紹介します。

●年収500万円以上であること

金持ち

まず、年収が500万以上でないといけないという条件を提示していること。

500万円というのは、額面にしてみるとそう多くはないように見えますが、実は、日本の男性の中で、年収500万円以上の人は1/8しか存在しないのです。

実は、婚活で相手の年収を高めに設定している女性は、20代よりも30代に多いのだそう。
それは、30代になると、周囲の人や自身の収入が高めになっていくことと、具体的な将来設計が固まってしまっていることが理由です。

確かにお金は大切ですが、アラサーという年齢ではこれはちょっと理想が高すぎます。
高収入の男性は、言ってしまえば女性を選べる立場にあるのですから、何か他の人には無い強みでも持っていなければ、射止めることはできないでしょう。

アラサー女性が確実に結婚相手を見つけたいなら、収入ではなく、正社員かどうかとか、転職歴が少ないなどの部分を重要視することをおすすめします

●高学歴であること

収入と同じくらい「高望み」と思われやすいのは、高学歴を条件とすること。

アラサーを過ぎても最前線で仕事を頑張っている女性は、本人がある程度の学歴だったり、周囲に高学歴の人が多い環境に置かれる傾向があります。
そのせいで、高卒や専門学校卒の男性は結婚相手として眼中に無い、という考え方になりやすいのです。

ですが、こんな条件を望むのは、周囲に恥ずかしくないようにとか、馬鹿にされないようにという実の無い「見栄」が先行しているだけのこと。

確かに、学歴と収入は比例しますが、人間性まで比例するわけではありません。
また、新卒の頃ならまだしも、社会人になって10年や15年も経つと、学歴の違いなんてあまりわからなくなります。

「頭の悪い人とは話が合わない」なんて思っているなら、それは間違いです。
学歴が低いこと=頭が悪いとは決めつけられませんし、アラサーにもなって人を学歴でふるい落とすような人間性を持っている方が、大半の男性に敬遠されると思いましょう。

●容姿が優れていること

男の子

さすがに、30歳を超えてまで、結婚相手に優れた容姿を求めるのはいけません。

この「容姿」とは、顔の好みだけではありません。
身長、体重、そして頭髪なども含まれます。

口では「見た目より人間性重視!」などと言っておきながら、いざ婚活をスタートしたら、「あの人は平均より背が低いから……」とか、「歳の割にハゲているから……」という理由で、言い寄る男性を断る女性は少なくありません。

これが、若くてモテモテの女性ならまだしも、アラサーで既に「若い」とは言えない女性なら、高望みと思われて当然です。
例え自分自身がエステや美容院で若さを保つ努力をしているとしても、相手の男性にも同等の美意識を求めるのは難しいことです。

結婚してしまえば、よほど不快感を与える容姿で受け入れられない場合を除き、身長や頭髪の具合なんかは、すぐに見慣れてしまいます。
本気で結婚に漕ぎ着けたいなら、見た目の基準は少し緩めた方が良いでしょう。

■さいごに

いかがでしたか?
アラサー女性が提示すると「高望み」と思われやすい条件を、3つご紹介しました。

この中に、あなたが求める条件は入っていましたか?
もし入っているなら、その条件自体が、婚活を難航させる原因かもしれません。

今後は少し条件を緩めて、器を大きくして臨めば、目に入る男性がグッと増えるはずです。
是非、このことを覚えておいてくださいね。

 - 婚活で高望みをする女性, 婚活コラム , ,