婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

30代アラサー女が結婚を焦り後悔しないために気を付けること3つ

   

女性
あなたは結婚を焦ってはいませんか?
結婚を焦ってしまうと後悔してしまうかもしれませんよ。
後悔しないためにはどうしたらいいか。
どうぞ先をお読みください。

■結婚を後悔しないために

婚活を初めてしばらくすると、思うようにならない現実に愕然とする人も多いはずです。
周りはどんどん結婚していくのに、自分だけが取り残されるようなそんな感覚に陥り恐怖さえ感じる人もいるみたい。
でも、結婚はするのが目的ではありません。結婚は長い間寄り添い助け合う人とのスタートライン。
焦って結婚相手を見誤るようなことの無いようにして行きたいものですね。
今回は、「30代アラサー女が結婚を焦り後悔しないために気をつけること3つ」についてお話を進めます。

■金銭感覚が同じじゃないと後悔する

お金

結婚は好き、嫌いだけじゃ成り立ちません。
お互いに生活をしていくために協力しなければなりませんよね。
でも、金銭感覚が違いすぎる男性とは結婚しても必ず後悔います。
金銭感覚とはお金の使い方を見ていればすぐに見えてくるもの。
自分を良く見せるために、友人や後輩にどんどん奢ったりする人や、値段を見ずに買い物をする人も結婚してからも出費が増える傾向があるのでお勧めしません。
また、自分の趣味にお金を使いすぎている人も、結婚してからその趣味を捨てることはまず無いので、生活が苦しくなると考えて良いでしょう。

■子供が欲しいか欲しくないかを話し合わないと後悔する

シングルファザー

男性の中には、自分の子供をどうしても欲しい人もいれば、逆に夫婦2人でラブラブ暮らしたいと思っている人もいます。
もちろん子供は授かり物なので、出来てしまえば育てるでしょう。
でも、子供が欲しくない人は育児に参加しない傾向があり、それは結婚して自分の子供が生まれてもあまり変わりはありません。(産んだら変わると言われているが微妙です。)
結婚前に相手の子供への価値観をしっかり聞いておかないと、結婚してから大きな揉め事に発展する可能性大。
子供ができても「え~できちゃったのぉ?」なんて言う旦那さんとは一緒居たくないという女性も多いはずです。

■親の介護の事を話し合わないと後悔する

別れる

実は結婚して後悔するポイント上位に上がるのが「親の介護問題」です。
相手の男性が長男だと、嫁として旦那様の親を介護する事になるかもしれません。
また、貴女が一人っ子や長女で親の面倒を見なければならない場合、ダブルの介護という事も考えられます。
寝たきりになると毎日付きっ切りでの介護を迫られますし、アルツハイマーなどを発症すれば俳諧したりと本当に大変なんです。
親の介護についてどのくらいしっかりとした考えを持っているのか、相手の男性に聞いて見ましょう。
「何とかなるよ」なんていい加減な事を言う男性は、実際親の介護を目の当たりにすると必ず逃げて、奥さんに全部押し付ける人が多いので要注意。

■さいごに

いかがでしたか?
今回は、結婚を焦り後悔しないために気をつける事を3つ見ていきました。
相手の年収や、職業も大切なのですが、これから結婚して生活していく上での価値観がどれだけ合わせられそうか。
そこを確認しておかないと必ず後悔します。
「結婚できれば言いや」という考えでは、結果貴女自信を苦しめてしまう事になってしまうのです。
相手の男性をしっかり話し合いをして、特にこの3つの条件はしっかりと納得してから結婚に踏み切った方が良いでしょう。

 - 婚活コラム, 彼氏と結婚する時に後悔しないために気を付けること, 結婚を焦り出した女 , ,