婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

結婚の壁は両親を説得させること!説得させるためのコツとは?

   

カップル
あなたは結婚をの壁をどの様に乗り越えましたか?
ブライダルネットという婚活サイトっで男性と出会いました。
その人と結婚するようになったんですが、両親からは反対されることに。
私がどの様に両親の壁を乗り越えたかお話ししましょう。

■結婚の壁を乗り越える

ブライダルネット=出会い系サイト
と思い込んでいた私の両親はきつく婚活に反対していました。

今はどうですか?主人は私以上に両親と仲が良く逆に両親に私に今更ですが優しく接するようになりました。

そこまで行くのに本当に苦労しました。

だって、聞く耳持たずだったんだもん(大泣)

★ネットで婚活は両親の世代にはなかった

女性

両親は今年で還暦を迎えます。

両親が若い時は女性は高校、大学卒業したら
家で花嫁修行をして20代前半で結婚する。というのが普通でした。

ですから、インターネットのサイトで婚活はニュースやメディアの影響で、ネット婚活は危険と認識してしまったようで・・・反対しかありませんでした。

ブライダルネットは結婚相談所IBJが運営しているため、皆さんのご両親が何か言ってきたら「結婚相談所に登録している」と答えた方が無難です。

半信半疑かもしれませんが、これ以上探ってくることはないからです。

しかし、私の両親は「結婚相談所に行かないと男見つけられないのか??情けない!」と一向に良い顔してくれませんでした。

別に親が見合い相手を見つけてきてくれるわけでもなく、婚活自体に反対している。

どうしたらこんな状態から脱出出来るのか?それだけを考えていました。

娘を心配している裏返しなんですけどね。

35年前は婚活という言葉も無かったため、両親が理解出来ないのも分かります。

★それでも結婚を許してくれたのは、親に主人についてプレゼンしたから

仲良くなりたい

主人についてプレゼンを行うことがこんなに大変だとは・・・。

母の在所母農家。
だから母の詮索はうるさかった。

・持ち家がどうか?

・長男?次男?

・学歴

・仕事

自営業というのが点に母は納得していませんでした。
やはり会社員と結婚してほしいという気持ちが強くてここには書けないくらい「えげつない」ことを聞いてきました。

私の主人のスペック

・実家は持ち家

・主人は長男

・大学卒業(私の弟と同じ大学の先輩)

・お店の後継息子

・お店は巷で有名な老舗の和菓子屋

・借金はゼロ

父は納得。母はそれでも納得してくれませんでした。
「会社員または公務員では無いから。」

そんな母を納得させたコツは〇〇な視点から
主人の良い点を話しました。

★母陥落!これで結婚へまっしぐら

結婚ができない

主人と結婚していかに「娘」が人生を楽しく過ごせるか?
という自分に視点を合わせて母を説得したのです。

・主人の両親とは別居の予定。いずれは同居する覚悟がある

・主人の趣味と私の趣味は同じ野球観戦。
観戦回数が少なくなるけど、野球観戦が出来る

・お互いの趣味を干渉せず、個々で楽しもうという考えを持っている

・自分の趣味、家で仕事をすることを理解してくれる男性は主人しかいない!

・自分が男性は主人だから、絶対に良い家庭を作る!

・親の背中を見て判断した結婚相手なんだから、認めてほしい!

このことを母に話して「あんたがそこまで決めたなら・・・。」と結婚を許してくれました。

婚活中のデートの間に結婚に対する考え方や、結婚後の生活についてをたくさん話した結果がついに母という砦を陥落させました!!!

パートナーと結婚した後に、自分が如何に良い生活が出来るかを両親に判ってもらうために必要なこと「夫婦生活を自分がどれだけ豊かになるか」
「自分」がいい思い出来るのか?を視点にパートナーの良いところをご両親に話してみると結婚を許してくれる率は高いと言えます。

■まとめ

・ブライダルネットでの婚活は両親の世代には理解しにくい

・自分が如何にパートナーでないと幸せな結婚ができないか両親にプレゼン出来るように準備をしよう

・言い切った以上、いとも簡単に離婚を出来ない環境が出来上がってしまい、夫婦で力を合わせて生活を維持しようと協力体制が強化した

 - 婚活コラム , , ,