婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

もう恋愛は諦めた?モテないあなたが今からすべきこと4つ

   

女性

あなたは恋愛を諦めてはいませんか?
あなたはモテないと嘆いてはいませんか?
諦めたり、嘆いたりしても現実は変わりませんよ。
あなたがこの記事を見ているという事は現状を何とかしたいと内心は思っているのでしょう。
どの様にしたら彼氏を作る事が出来るのか真剣に考えているのでしょう。
きっとこの記事があなたの役に立つでしょう。

■恋愛を諦めるのはまだ早い!

自分はモテないし、もうアラサーだし・・・と、恋愛を諦めかけている人はいませんか?
そんなことで、恋愛を楽しむ人生を捨てるのは、本当に勿体ないこと。

アラサーからでも始められる、モテない女性でもみるみるうちに恋のチャンスが訪れるようになる方法をご存知でしょうか。

今回は、そんなモテない女性必見の、自分を変える方法をお教えします。

●モテない女性同士でつるむのをやめる

女性

まず、あなたの友達には、彼氏はいますか?
もし、彼氏が長い間いない友達とばかり遊んでいるようなら、それはやめましょう。

どうしても、自分がフリーだと、彼氏とラブラブな友達や既婚の友達とは遊ぶ都合が合わせにくいもの。
アラサーくらいになると、どうしてもモテる女性とモテない女性に分類されてしまい、お互いに交流しにくくなっていきますよね。

ですが、だからと言って、恋愛と無縁な人だけで集まっていると、自分自身の恋愛力も衰えてきます。
また、独り身の人が周囲に多いと、危機感が薄れて、恋愛に踏み出すのが面倒臭くなる場合もあります。

まず、あなたが今からでもモテたいなら、モテない女性とばかりつるむのをやめ、彼氏がいる友達や、男性にモテる友達と一緒に行動して、モテる技を見習うようにしましょう。

●男性ウケの良い自分磨きをしよう

女性

モテるために必要なのは、やはり自分磨き。
自分磨きと言っても、自分がやりたいことだけを極めるだけでは、到底男性の目に留まることはありません。

ここで磨いておきたいのは、男性ウケの良いセンスやスキル。
例えば、男性が好むファッションを研究したり、男性の気持ちを掴む話術を勉強したり、料理や家事などを上達させることが挙げられます。

これらを磨いておけば、男性に気に入ってもらえる可能性がグンと上がります。
自分が興味を持てないからと、男性ウケを重視した自分磨きを怠ってきた人は、ここで意識を変えて、男性に好まれる自分に変身しましょう。

●異性の多い場所に出るようにする

出会い

本当はモテ要素を持っているのに、運悪く出会いが少ない場所に置かれているせいで、恋愛のチャンスが無い人もきっといるはずです。
そんなあなたは、勇気を出して積極的に出会いの多い場所に出向くようにしましょう。

合コンでも、趣味のサークルでも、スポーツバーなどでも構いません。
とにかく、話が合う男性が多そうな場所に、自分から行くようにして下さい。

残念ながら、アラサーの女性は、若いお嬢さんのように、黙っていても出会いのチャンスを周囲が提供してくれる年齢ではありません。
ですから、自分から出会いを掴み取りに行かないと、どんどん周囲に差を付けられてしまうのです。

恋愛のきっかけはどこに転がっているかわかりません。
ですから、積極的に男性と出会えそうな場所を探して、飛び込んでみて下さいね。

●気になる男性がいれば、とにかく取っ掛かりを掴む

男性

自分のことを「モテない女」と思い込んでいる女性にありがちなのが、気になる男性がいてもアプローチを躊躇してしまうということ。

これは、せっかく訪れたチャンスを見逃すことになり、自分で自分をモテない女性に仕立て上げる行為としか言いようがありません。

モテない女性を卒業したければ、気になる男性が目の前に現れたら、とにかく取っ掛かりを掴む努力をして下さい。

王道なのは何か理由を付けて連絡先を聞くことですが、他にも、相手が興味を持ちそうな話題や、自分との共通点を見つけてそこから話を膨らませるようにする方法もあります。

恋愛のチャンスを呼び込むためには、何より経験値を積むことです。
アラサーでも遅くはありません、若い頃に積めなかった経験値を取り返すつもりで、どんどんアプローチするようにしましょう。

■さいごに

いかがでしたでしょうか。

このように、アラサー女性でも、恋愛のチャンスを掴む方法はいくつもあります
例え今までモテない人生を送ってきたとしても、自分の心がけ次第で、そこから脱却することは何も難しくはないのです。

恋愛を諦めるのはまだ早いです。
あなたも、ちょっとした努力をして、自分の運命の人を見つけられるようになって下さいね。

 - 婚活しても結婚できない女性, 婚活コラム, 彼氏ができない30代アラサー女性の特徴と理由 , ,