婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

恋愛の駆け引きに疲れる時の心理とは?原因や理由3選

   

疲れる

あなたは恋愛の駆け引きをして疲れてはいませんか?
あなたは恋愛をしている時の心理を考えたことはありますか?
恋愛している時の心理を一歩下がって考えることはとても大切です。
そこで恋愛で疲れてしまった時に考えたいことについてお話をしたいと思います。

■恋愛すると疲れるから、もうこりごり!という人は、恋愛への向き合い方を変えよう

普段の恋愛も、婚活で知り合った相手と一緒にいても、なんだか疲れてしまってすぐに逃げ出したくなる……というあなたは、自分が恋愛に向かない性格だと思っていませんか?

確かに、性格によって恋愛上手か下手かは分かれてきます。
ですが、恋愛したり結婚して生涯のパートナーを得る権利は、誰にでも等しく与えられているものです。

恋愛が苦手なあなたは、その権利を持ちながら、自ら円満な恋愛を遠ざけてしまっているかもしれません。

ここで、恋愛に疲れてしまいやすい原因について、ご紹介します。

●相手にどう見られるかを気にしすぎている

会話

まず、恋愛慣れしておらず、自分に自信が無い人にありがちなのがこのパターン。
相手に自分がどう見られているか気になってしまい、身動きが取れなくなるために、疲れてしまうのです。

相手のことが好きであればあるほど、嫌われたくないという気持ちが高くなるのは当然のこと。
より気に入られるため、愛されるために、背伸びをするのもよくある話です。

ですが、本来の自分を偽りすぎて、演じることに疲れてしまうようでは本末転倒です。
もちろん、「ありのまま」を強調しすぎて、だらしない自分を見せるのはいけません。
だからと言って、本来の人格とかけ離れた自分を演出してしまっては、無理が生じ、長く一緒にいることは難しくなってしまいます。

「この人だ!」と運命を感じる相手と巡り合ったら、なるべく自然体での交際ができるように気持ちを緩めてみましょう。
本当に運命の相手なら、無理しなくてもあなたのことを受け入れてくれるはずです。

●相手への要求が大きすぎる

逆に、相手に対する要求が大きすぎても、恋愛に疲れる結果を生みます。
自分が欲しい言葉や思いやりをかけられないからと、「相性が悪い」と決めつけてしまうと、どんな男性が相手でも、うまく行きません。

「自分は相手にこれだけしてあげているのだから、相手も自分に同じだけ与えてくれて当然」と思っていては、期待したものが返ってこなかったとき、腹を立てたりガッカリしたり、落ち込んだりすることになります。

恋愛は、ビジネスではないのですから、自分が与えた分だけ見返りがあるとは限りません。
見返りばかりに注視すると、相手があなたに与えようとしている思いやりを見逃してしまいます。

こんなタイプの人は、まずは、恋愛への姿勢を見直しましょう。
何も返ってこなくても気にならないほど好きになれる人を見つけるか、相手の気持ちを汲んで、自分が望んだ形でなくても、相手なりの愛情を受け止められる器を持つようにしてみて下さい。

●相手の好意を断れない

女性

優しすぎて、好きではない人に告白されても断れないという人もいますよね。

こんな人は、相手に恋愛感情を抱けないのに、自分への好意を無下にできず、つい交際をOKしてしまうことが多いのではないでしょうか。
そして、好きになろうと頑張っても、いつまでも相手を好きになる日が来ず、いつしか一緒にいることに疲れてしまう……という流れです。

しかし、こんな交際は、自分自身が疲れてしまうほか、相手に対しても失礼ですし、傷つけることになります。
その一時的な優しさが、両者にダメージを与えることになるのですから、いっそ、交際する前の段階でしっかりお断りする勇気を持ちましょう。

恋愛は、相手だけが楽しければ良いものではなく、自分も楽しめなければいけません。
誰にでも優しいのは素晴らしいことですが、恋愛に関しては、自分の気持ちを優先させるようにするべきです。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
恋愛に疲れてしまう人について、3パターンに分けてご紹介しました。
いつも恋愛に疲れてしまうという、あなたに当てはまるものはありましたか?

恋愛は、相手があって初めて成り立つものですから、どんな人でも疲れてしまうことはあり得ます。
ですが、誰と付き合っても必ず疲れてしまうという人は、原因は相手ではなく、自分自身にあるのかもしれません。

もし、自分が恋愛に疲れてしまう体質だと思ったら、一度、恋愛への向き合い方を見直してみましょう。

 - 婚活コラム, 恋愛で疲れてしまう理由とは , , , , ,