婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

婚活パーティはプロフィールで決まる!上手な自己紹介の書き方3選

      2015/10/10

女性

婚活はプロフィールを書くところから始まっています。
履歴書みたいにありきたりなプロフィールでは男性は誰も見向きもしてくれませんよ。
たくさんある女性のプロフィールから「これだ!」と男性に選んでもらえる様なプロフィールの書き方のコツをあなただけに教えます。

■婚活パーティでのプロフィールの書き方

婚活パーティーを成功させるカギを握るのはプロフィールなんです!
婚活パーティーでは、最初にプロフィールを書き込む紙を配られる所も多いですよね。
この紙の書き方次第で会話の弾み方がまったく違ってきます。
会話が弾めばそれほど、意中のお相手と仲良くなる確立が高くなるというもの。
今回は、婚活パーティーの上手なプロフィールの書き方についてお話を進めます。
婚活サイトや結婚相談所でも使えるので試してみてくださいね。

★プロフィールはびっしりと書き込もう

日本人は自己紹介がとても控えめな人が多いので、「恥ずかしい」「人に言えるようなものじゃない」などと考え、プロフィールに空欄が目立つなんて場合も多いです。
でも、それってとっても勿体無いんです。
相手は貴女と初めて会うわけですから、情報はそこに書き込まれている内容だけになります。
ましてや会話が上手じゃない男性だと、何も書いていないプロフィールを見ると会話の糸口がつかめず無言になってしまうなんて事もあるみたい。
せっかくの出会いのチャンスを無駄にしないためにも、プロフィール欄はびっちり埋めましょう。
どんな小さな事でもかまいません。イラストが得意な人は絵を描いても楽しいですよね。そんな風に会話の糸口を事前に準備してあげる。
たったコレだけで会話はびっくりすぐほど弾みだし、男性に「楽しい子」と思わせることが出来ます。
またプロフィールをたくさん書いておけば男性も話を振りやすいですからね。
プロフィールの書き方一つでライバルと差ができるので覚えておきましょう!

★性格や価値観の欄はプラスのことしか書かない

女性

控えめな女性は、プロフィールの性格の欄に「おとなしい」「会話が苦手」「奥手」なんて書いてしまうこともあります。
でも、婚活でモテたいのなら、プラスの事しか書かないほうが得策です。
自分に自信がなく、マイナスな言葉しか書けなそうな場合は、それをいかにプラスの言葉に転じられるかがミソになります。
たとえば、短期ですぐに怒るという人であれば、裏表のない性格で誤解されやすい所もありますが、さっぱりしているのでお付き合いしやすいかもと書くとプラスのイメージに変わりますよね。
おとなしく控えめで会話が上手じゃない女性なら、ゆっくりと会話をするのが好きなき気上手。優しく相手を包んで上げられるのが良い所です♪と書けばマイナスイメージになりません。
けしてうそを書けということではなく、自分のマイナスをいかにプラスの言葉に変えられるかコレが婚活を制するキーポイントです。

★趣味は具体的に書くと話が盛り上がる

趣味の欄に「映画鑑賞」「音楽鑑賞」なんて単語で書いている人がいますが、実にもったいない!これでは相手も突っ込みどころがなく会話が弾みません。
映画鑑賞であれば、どんな映画が好きなのか、映画に月にどのくらい行くのかレンタルビデオをたくさん借りるなどのプラスの情報を書いておくのを忘れないでください。
音楽鑑賞も同じこと、どんな音楽を聴くのか、ライブは行くのか、コンポなどの機材にこだわる派なども書いておくと男性の食いつきが良いですよ!
男性に受ける趣味は「料理を作る」というもので、どんな料理が得意か、お菓子なのか煮物なのか細かく書いておくと会話のネタになりやすいと思います。

■さいごに

いかがでしたか?
プロフィールをしっかり書くことは、男性との会話を広げます。
会話が広がると男性も「接しやすい」とアプローチを開始してくれます。
プロフィールは婚活パーティーの命とも呼べるものです。書き方をしっかりマスターすればそれほど美人じゃなくてもものすんごくモテますよ!
プロフィールでライバルの女性に差を付ける事が可能なので、できるだけこの3つのことは試してみてください!
そして当日は早めに行って、素敵なプロフィールカード作っておきましょうね♪

 - 婚活のプロフィールのコツ, 婚活コラム , ,