婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

婚活のプロフィールは履歴書や職務経歴書と同じ!自分の棚卸しをお忘れなく

   

女性

あなたは婚活サイトでプロフィールを書くときに何に気を付けて書いていますか?
もしかして思いつくままにプロフィールを書いていませんよね?
プロフィールは男性との初めての接点になります。
プロフィールの内容一つで出会いが生まれることもあれば、通り過ぎてしまう場合もあります。
今回は私が経験したことを踏まえてプロフィールを書くときに気を付けるポイントをお話しします。

■ブライダルネットで体験したこと

ブライダルネットを使っていた頃、結婚までに3回男性会員にお会いする機会がありました。
ブライダルネットで知り合ったカップルがそのまま結婚をするケースがあれば、全くアプローチも無しのままのケースがあります。

体験をもとにブライダルネットのネット上でのやりとりから、デートまでの道のりを段階を分けて紹介したいと思います。

■プロフィールは履歴書と職務経歴書とおなじと思え!

就職活動や転職活動で必ず作成したのが、履歴書と職務経歴書ではないでしょうか。
「就職活動はお見合いと同じ」と言われたことがありませんか?
プロフィールは、履歴書と職務経歴書と同じだと思ってください。

●ワンポイントアドバイス!

「自分を棚卸ししてみよう!」

結婚相手の理想を言う前に、まず自分が結婚に対しての考えていること、理想の生活を整理してみてください。
結婚をすると、自分中心の生活よりも夫の生活に合わせないといけません。
夫の生活に自分の趣味や仕事をどう組み込ませいくと「こんなはずではなかった」と後悔する率が少くなりますよ。

◆棚卸しするモノ

・結婚に仕事を持っていくか、いかないか

・自分の趣味が独身よりも回数が減ってしまっても、結婚後も続けられるか

この2つを重点に考え棚卸しをして、プロフィールに書き込んで行くと、自分の考えを理解してくれそうな男性と繋がることが出来ます。

■私の体験談!プロフィールに書いたもの。

スマホ

「専業主婦希望!ただし、副業で家でも仕事が出来る環境になっているため、パート収入は確保できます。」

「プロ野球観戦とミリタリーイベントが趣味です。
同じファンの方で球場での応援と、年に1回~2回の遠征旅行を楽しみたいです。」

「どうしても外せない趣味があると思います。私は、ミリタリーイベントだけはどうしても行きたいんです。お互いの趣味を尊重し、干渉しないという人が理想のタイプです。」

黒歴史にしたい位、恥ずかしいんですが実際にプロフィールに書いた内容です。

自分を棚卸しをしてみて、仕事と趣味をどうするか考えて考え抜いて結論を出しました。

「家庭に入りたい!」
「趣味は続けたい!」
この2つを理解してくれる人に絞ることにしました。
あいさつ機能と日記機能をふんだんに使い、趣味を中心に書いたりして、男性からの反応を待っていました。

ぶれない基盤のもとに日記を更新しているため、同じ趣味の男性からのあいさつ機能を通してアプローチしてくるようになったのです。

女性が結婚に対して「これだけは譲れない!もの」を相手に示さないと結婚しても長続き出来ないのではないかと思うんです。

相手の理想も大切ですが、自分自身の結婚に対してする考えや、生活していく上で「捨てる何か」「持っていく何か」を把握することから、始めてみませんか。

■まとめ

・プロフィールを書く前に自分の棚卸しをしよう

・結婚は自分中心ではなく、夫中心の生活になる。夫の生活に自分の趣味や価値観が上手く組み込めるどうかを考えよう

・プロフィールは自分が結婚に持っていく何かはこれだ!というのをアピールすれば、共感してくれる男性を見つけるチャンスがある

関連記事になります。合わせて御覧ください。
ブライダルネットの始め方から初デートまでの流れ
ブライダルネットで婚活!成功の秘訣は会員登録にあり!?
ブライダルネットは本人証明が必要!任意証明書で男性の本気度がわかる
ブライダルネットのFacebookみたいな日記機能と写真掲載の悩み
ブライダルネットで男性とのやり取り開始!あいさつ機能の使い方など
ブライダルネットの婚活コンシェルジュを使ってみたら○○だった
ブライダルネットでやり取りした男性とデート!デート先は野球場!
ブライダルネットで知り合った男性との初デートは野球観戦!
ブライダルネットのシステムに甘えない。婚活は行動力が大切
30代の婚活は不利?決して不利ではない!成婚して思うこと

 - ブライダルネットの始め方から初デートまでの流れ, 婚活のプロフィールのコツ , ,