婚活サイトラボ|30代アラサー女性のための婚活支援サイト

婚活でカップリングできた時がスタートライン!交際を長く続けるコツを紹介

   

女の子

あなたは婚活でカップルになれたことがゴールだと思っていませんか?
まだまだ結婚までの道のりを歩み出したスタート地点にしかすぎません。
この結婚までの道のりを歩んでいくのは容易ではありません。
でも心配しないでください。
カップルになって後の展開についてお話します。
あなたが焦って失敗しない様に事例を交えて紹介したいと思います。

■婚活でカップルになれた後が大切

婚活パーテイに参加してカップルになれた!
その日は大体どのカップルも一緒に帰り、途中お茶などして連絡先を教えあったり、盛り上がってお酒を飲んで帰るケースもあるようですが、その後の交際についてはケースバイケースです。
本当に結婚に向かって行く為には、どうしたらいいかと、中にはアクジデントもあるので参考にしてみて下さい。

■婚活でカップルになったその後の展開

1、 いざ交際がスタートしたが

連絡先を教え合って別れた後、どうすればいいか?
男女共に、考えてしまうようです。
男性がリードする形で連絡がくれば次に会う約束もスムーズですが、男性から連絡が来ない。
どうすればいいか?
悩んでしまう女性の為の記事ですので、参考にして下さいね。
男性も女性との交際についてオリジナルの間、みたいなものを持っています。
マメな人、そうでない人。いずれにしても、婚活パーティー自体イベントのようなもので、当日は夢のようでも、男性はすぐ現実に戻り、本当に付き合いたいか?どうでもいいか?自分の本性と相談します。
実際初めて会って数時間で恋人になるなんて嘘ですからね。
無理してる部分はあるという事です。
2回目のデートがどうゆう形で進むか?はとりあえずもう一回あってもいいかな?と男性が思うかどうかです。
男性のほうから連絡するのは50パーセント位でしょう。

2、 女性の方から連絡してしまったケース

女性

婚活でカップルになった=交際がスタート!と思い彼から連絡を待たずにメールを送りまくるような事だけは避けましょう。
実際にその失敗パターンの事例2つを紹介します。

事例1

彼から2回目のお誘いが無かったので自分から食事に誘い食事をして、支払いも彼が払って、何もなく終わったんですが、この女性は、彼は気持ち良く食事をしてくれて、食事代も払ってくれた。
だから私の事を好きに違いないと思いたいけど・・・彼は自分に全く興味を持っていないのも分かる・・・という心理です。
男性は自分の事を好きになった子に対して礼儀として時間を作っているだけなのです。
食事をしながら来週も婚活に行くなど、話しています。
しっかり、相手の真理を読み取りましょう。
だから、女性から誘うべきではありません。
肉体関係を持つまでは、男性から連絡させましょう。
連絡無ければ、自分の魅力を上げて次に進んでください。

事例2

メール編。婚活で出会いその日から、1度も合わずに4か月メールのやり取りをしていた。
お互いに探りさぐり、交際気分を楽しめたのは最初だけでした。
合わずにメールだけで、交際なんてありえません。
結局最初からゲームなので、ゲームで終わりました。
なぜこうなるか?というと、お互いに自分に好意がある相手だから好きなふりしている。
架空の恋愛ごっこをしている自分が好きなだけなのです。
友人に彼と言える存在が欲しい場合も、女のコにはありますね。
結局、お互いにこの4か月のやり取りの中で、相手が本当は自分の事は好きじゃない事に腹を立てて、終わりました。

3、 彼から2度目の連絡が来た時点でスタートライン!

2度目に彼と会う約束をした!彼から誘われた!
これが大切です。
女性に対してかなり興味があるから誘いたい。
どうゆう女性なのか普段の彼女を見てみたいのです。
そこからは、男性のタイプにもよりますが、真剣に交際を考えてる場合、肉体関係だけ求めてる場合と2つに分かれますので、良く彼の行動を観察してください。
会話の内容も見極めのポイントになります。
基本的に女性として丁寧に扱っているか?がわかりやすいです。
本音は言葉ではなく、行動に出ます。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
婚活で知り合って、男性がもし女性に対して本気で好意があれば、その日から連絡がきます!
お互い見えない縁で結ばれていますね。
最初から婚活たるもの架空恋愛と知りつつも、意外と運命の相手に会う事だって多いにあります。
良い出会いを引き寄せましょう!

 - 婚活パーティ, 婚活パーティーでカップリング , ,